大人気、おむつポーチ・オムツポーチもお取り扱い中!!

いつのタイミングで!?…出産祝いの相場は!?
…出産祝いのマナー大百科

意外と知らない、出産祝いのマナー

親しい人がめでたくご出産されると嬉しいものですが、出産祝いのセレクトに頭を悩ませるものです。おしゃれなベビー服やカワイイおもちゃなど、お祝い品として最適なアイテムがたくさんあります。 しかし、どんなに素敵なお祝い品を選んでも、お渡しする時に失礼があっては台無しになってしまいます。こちらでは出産に関するお祝いマナーをいくつかご紹介いたします。

いつ訪問したらベターなのか!?出産祝いの訪問マナー

出産祝いのマナーについて

出産祝いはお渡しするタイミングも大事です。通常は出産後お七夜〜生後1ヶ月までの間にお渡しするのが一般的なマナーとされていますが、実際は生後3ヶ月位までにお渡しする人が多いです。事前に渡しておきたいという場合もあるかと思いますが、万が一の事を考えると、無事に産まれた事を確認してからお渡しする事をお勧めいたします。 また、出産は体力をとても消耗するものです。

ご出産後訪問される際には必ず事前に母子の体調を確認してください。ご友人同士で連れ立っていく場合もあるかと思いますが、訪問先が病院なので少人数で時間は短めに切り上げましょう。風邪気味など赤ちゃんに感染の恐れがある体調の時は訪問を控えましょう。

出産祝いのマナーでやはり悩むのは…相場

出産祝い 相場

出産祝いを贈るときに、一番知りたいのが出産祝いの金額の相場。結婚式のご祝儀などと違って、意外と一般的に知られていないのが実状です。出産祝い品選びの難しさは、金額まで考えないといけないところにあります。また、お祝い品を受け取る側の方もいただいたものにお返しをすることを考えないといけないため、高価過ぎても気を使わせてしまいます。かといってあまりにもチープなものだと失礼です。 また、関係性によっても出産祝いの相場が変わってきます。

友人へ出産祝いを贈る場合 5,000〜15,000円
会社の上司・同僚・部下に贈る場合 5,000〜10,000円
兄弟・姉妹に贈る場合 10,000〜15,000円
兄弟・姉妹に贈る場合 10,000〜15,000円
グループで一緒に贈る場合 15,000〜50,000円

上記の価格が出産祝いの相場の平均です。親しさによって金額にも幅があり、仲のよい友達や親友には、多少奮発してもお祝いしてあげたい!という気持ちが強いよう。実際、親密な関係の友人になるほど、金額が上がるという傾向があるようです。

出産祝いの熨斗のルール

出産祝いの熨斗

お祝いの品には熨斗(のし)がつきものです。しかし、この熨斗にも基本的なルールがあります。まず結び方には「蝶結び」と「結びきり」があります。

蝶結びは出産祝いのように何度も起こってほしいおめでたいこと、結びきりは固く結ばれて解けないことから1度きりであってほしい慶事や弔事の際に使用されます。

また、表書きは通常「御出産祝い」ですが、都合により1年以上経過してからお渡しする場合は「ご誕生祝い」やとなります。


マナーを守って、出産祝いで気持ちを伝えることが大事

出産祝いマナーに限らず様々なマナーは、細かくて難しそうに思えます。しかし、マナーを守ることで、お祝いの気持ちをよりきちんとお伝えできるのです。出産祝いを選ぶ際は、是非こちらのページを参考にしてください。


⇒大切な方への贈り物に、yugaでは心を込めた熨斗、ラッピングのサービスを行っております。
「yugaの熨斗・オリジナルラッピング・メッセージカード」についての詳細はこちら


オーガニックコットンyugaのギフト